日本スマートライフ協会

第9回 任意後見総括

最終回です。

冒頭、佐々理事長より「何故、ドイツのように日本では成年後見制度が普及しないのか?」「日本の任意後見の報酬例及び算定基準例」、「任意後見における個人受任と法人受任それぞれのメリット・デメリット」について解説されました。

続いて、受講生の皆さんから沢山寄せられたご質問に加賀行政書士が簡潔にお答えして、休憩をはさんで慶田公証人より任意後見制度の今後の展望について総括をして頂きました。

最後は、全9回の締めくくりを浜田弁護士にお話し頂き無事に全講座を終了しました。

受講生の皆さん、お疲れ様でした。レポート提出やアンケートへのご協力ありがとうございました。又、ご講義頂いた先生方、そしてかながわコミュニティカレッジの皆様に心より感謝申し上げます。ありがとうございました。(事務局)


受講生

41名中31名出席 出席率 76%

ゲスト講師

慶田康男 公証人

オブザーバー
行政書士 2名、AFP 2名、CFP 1名、宅建 1名
協会
佐々理事長、浜田副理事長/弁護士、加賀理事/行政書士
事務局 / 秋元・富田

image.png
supportkid.png
日本スマートライフ協会では会員を募集しています。
会員には下の会員マークを付与いたします。
詳しくは「会員募集」ページをご覧下さい。
kaiin.gif

【ご意見・ご感想】

下記メールアドレスあて、ご意見やご感想をお寄せください。

今後の参考にさせていただきます。

info@smartlife.or.jp

 

※任意後見はプライベートなテーマであり、ナイーブな一面もありますので、お寄せいただいたメールに対しての返信はいたしません。以上あらかじめご承知おきくださいませ。

Copyright (c) 内閣府認証NPO法人 日本スマートライフ協会 All rights reserved.