日本スマートライフ協会

第7回 任意後見(4)

今回は行政書士、加賀雅典先生の講義です。

任意後見制度の活用方法として、悪特商法対策や、任意後見と見守り契約・財産管理委任契約(生前事務委任契)、死後事務委任契約との併用、更には任意後見と遺言との併用について学びました。

遺言については、種類や遺言能力の有無等々を学び、特に知的障碍者・精神障碍者等である子の「親なき後」問題の対応については、事例を踏まえた大変意義深い講義となりました。(事務局)

受講生

40人中38人出席  出席率95%

オブザーバー

行政書士3名 、宅建1名 、AFP1名
協会
佐々和亮理事長、加賀雅典行政書士、笹山千惠子行政書士
事務局 / 秋元美香利、富田恵子

image.png
supportkid.png
日本スマートライフ協会では会員を募集しています。
会員には下の会員マークを付与いたします。
詳しくは「会員募集」ページをご覧下さい。
kaiin.gif

【ご意見・ご感想】

下記メールアドレスあて、ご意見やご感想をお寄せください。

今後の参考にさせていただきます。

info@smartlife.or.jp

 

※任意後見はプライベートなテーマであり、ナイーブな一面もありますので、お寄せいただいたメールに対しての返信はいたしません。以上あらかじめご承知おきくださいませ。

Copyright (c) 内閣府認証NPO法人 日本スマートライフ協会 All rights reserved.